WHY SILK?

なぜ、SILKがこれまでによいとされる素材なのか?
機能性の観点からご紹介します。

シルクの機能性

  1. 呼吸する繊維

  2. ニオイを抑える

  3. 乾燥知らずでノンストレス

  4. UVカット効果

  5. シルクでツヤ肌

  6. やわらかく、軽い

 

呼吸する繊維

シルクは吸湿性、放湿性に優れ。コットンの約1.5倍の高吸湿性、高放湿性という特徴があります。
そのため、呼吸する繊維、天然のエアコンなどと呼ばれ、シルクを身に着けているムレることなく、快適に過ごすことができます。


ニオイを抑える高静菌性

ニオイのもとは、雑菌の繁殖です。
その雑菌を繁殖させにくいシルクは、ニオイを抑える効果があります。そのため、汗をかくインナーやソックスなどにも適した素材です。


高保湿性で乾燥から肌を守り、静電気を発生させにくい

高保湿性という特徴もあるシルク。乾燥からお肌を守ります。
また、乾燥からくる静電気を発生させにくく、ノンストレスで過ごすことができます。


自然のシールドでUVカット効果

シルクの原料となる蚕(かいこ)は、繭を自然のシールドとして自らの身を守ります。そのため、シルクには天然UVカット効果が備わっています。

シルクの美容効果でツヤ肌へ

シルクは、天然繊維であることはもちろん、肌の成分に近いタンパク質繊維です。だから、素材自体が肌に優しいのも特徴です。
人間の肌の成分に似ているアラニンやグリシン、チロシンなどの約20種のアミノ酸を含む「タンパク質繊維」は、肌との相性が非常に良く、敏感肌の方にもおすすめの素材です。

やわらかく、軽くとトラベルにも最適

軽く、やわらかいのはシルクの特性です。旅行時には少しでも軽くて、荷物をコンパクトにしたいのならば、シルクが最適です。
環境が変わりやすいときにこそ、シルクは肌に寄り添い、快適に過ごすための必須アイテムです。