History of SILK

シルクは紀元前から存在すると言われているほど長い歴史があります。

世界三大美女の一人ともされる、クレオパトラも愛したものと言われています。また、シルクロードと呼ばれる貿易ルートも歴史上大きな役割を担った通り、シルク自体が古くから貴重で価値あるものでした。

シルクは主にアジアの多くの国々で古くから生産されており、中国がその起源とされています。 

 

シルクは他の繊維とも組み合わせて利用されることもあります。ヨーロッパでは約40%以上の混率でシルクが入っていると見なされ、日本国内では5%でも入っていれば、シルク混と呼ばれることもあります。体感では約80%以上でシルクを感じることができると言えます。

 

日本の産業だったシルク 

かつて日本はシルクの生糸輸出量が世界一位。日本の近代化を支えた大きな産業でもありました。

それを象徴するものが世界遺産にも登録されている「富岡製糸工場」です。

その他にも日本各地には養蚕業の産地が多くあり、昔から人々の暮らしと密接な関係がありました。